ホーム

緊急小口資金【特例貸付】

緊急小口資金【特例貸付】

【令和3年8月19日更新】


 緊急・一時的に必要な生活費の貸付制度です。


特例貸付の対象世帯

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

※新型コロナウイルス感染症の影響で収入の減少があれば、休業状態になくても、対象となります。

緊急小口資金【特例】の貸付上限

○貸付上限:20万円以内

償還(返済)方法等

○据置期間:1年(12か月)以内  

○償還期間:2年(24回払い)以内

 ※据置期間経過後(通常は1年後)から、償還開始となります。

 ※令和4年3月末以前に償還時期が到来する予定の貸付に関しては、

  据置期間が令和4年3月末まで延長され、令和4年4月から償還開始となります。


<返済例>

 20万円を借入し、償還期間2年(24回払い)の場合

 ○返済額:1回目~23回目  月8,330円

       24回目(最終回) 8,410円

  ※無利子・保証人不要


特例貸付の償還免除について

緊急小口資金等の特例貸付における償還免除については、

「償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を

免除することができる」取扱いとされています。


※令和3年3月16日に厚生労働省から、以下のとおり案内されています。

※手続きの具体的な時期や書類は、厚生労働省において検討中です。

申請方法

・原則、郵送で申請を受け付けます。

・以下のご案内(PDFファイル)をご確認ください。

・感染拡大防止等のため、郵送での申請にご協力ください。


■受付期間:令和3年11月30日まで


<郵送での申請についてのご案内>

必要書類・申請書類 ダウンロード

<緊急小口資金 必要書類チェックリスト>


<緊急小口資金 特例貸付 申請書類ダウンロード>

※10月2日から様式が一部変更となりました。


<緊急小口資金 申請書記入例ダウンロード>


・ご自宅宛てに申請書(様式)の郵送を希望される場合は、 

 以下のフォームからお手続きください。(金沢市在住の方のみ)


【動画】制度の概要・申請書の書き方等について

厚生労働省の公式YouTubeチャンネル



2) 申込書類の書き方編 ~「緊急小口資金」貸付の申込書類作成~  申込時の必要書類、記入方法・留意事項等について解説。




(3)提出前確認編 ~「緊急小口資金」貸付の申込書類郵送前の再点検~ 

  借入の申請を行うにあたり、借入申込書等の記入が正しく行われているかについて、チェック形式で解説。




flow22.png


緊急小口資金については、北陸労働金庫および一部の郵便局でも申し込みを受け付けています。 

 ※労働金庫、郵便局での申請受付については令和2年9月30 日で終了しました。


緊急小口資金 よくある質問(Q&A)

(厚生労働省ホームページ)

https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/samout/faq.html


相談コールセンター

※特例貸付の制度に関する一般的なお問い合わせ先として、   

 厚生労働省にコールセンターが設置されています。

 <個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター>

 フリーダイヤル 0120-46-1999     

      (受付時間 9:00~17:00 ※平日のみ)

窓口での申請をご希望の場合

・混雑を避けるため、予約制で対応しています。必ず事前に電話で予約をお願いします。

・発熱、咳、下痢等、体調の悪い方の来所はご遠慮ください。

・来所前に検温をお願いします。当日の体温が37.0度を超える場合は、来所日の変更をお願いします。

・来所の際は、マスクの着用をお願いします。

※予約なしで窓口にお越しいただいても対応できない場合がありますので、ご了承ください。


【お問い合わせ・申請先】

 金沢市社会福祉協議会

 ◆電話 076-231-3571 

     (受付時間 午前9時から午後5時 ※土・日・祝日を除く)

     ※現在、電話が込み合い、大変かかりにくくなっております。

 ◆住所 〒920-0864 金沢市高岡町7番25号 金沢市松ヶ枝福祉館内

関連サイト

特例貸付制度の詳細については、以下のサイトもご確認ください。

◆石川県社会福祉協議会

 https://www.isk-shakyo.or.jp/

◆厚生労働省(生活支援特設ホームページ)

 https://corona-support.mhlw.go.jp/